About us

history

刻まれた歴史

「木」を知り、
「人」にやさしい家具づくり。

風雨に耐えながら生長し、年輪を重ねていく木と同じように、カリモクはさまざまな試練を乗り越え、試行を繰り返し、理想の家具づくりへの道を歩んできました。「100歳の木を使うなら、その年輸にふさわしい家具を作りたい」その思いを支えてきたのは、1940年の創業以来、変わらず受け継がれてきた「品質至上」の精神です。しなやか、強い、呼吸する、香る、温もりがある…。木の特性を知り、その魅力を最大限に引き出すノウハウを活かして、人々の暮らしを向上させる家具をお届けしたい。「木」を研究した知識と技術、「人」のしあわせを願う心。「木」と「人」を結ぶ家具づくりへのこだわりは、年輸を深める木のように磨かれ積み重なり、すべての製品に息づいています。

Karimoku History

  1. 1940 初代社長加藤正平は愛知県刈谷市に木工所を創業。
  2. 1947 刈谷木材工業株式会社を設立。紡織機木部品を製造。
  3. 1949 紡織機輸出用梱包函の製造を開始。
  4. 1951 高度な木工技術を必要とするミシンのテーブル部分を製造。
  5. 1959 輸出家具の木製部の生産を開始。
  6. 1962 自社製品として国産家具の生産?販売を開始。
  7. 1964 カリモク家具販売株式会社を設立。カリモクの家具を全国へ。
  8. 1983 海外の様式を取り入れた、ハイクオリティブランド「ドマーニ」を発表。
  9. 2005 ケルン国際家具見本市出品など、海外への出展を開始。
  10. 2010 刈谷木材工業株式会社とカリモク家具販売株式会社を合併し、社名を「カリモク家具株式会社」とする。

group

チームカリモク

グループの融合から
生まれる家具

Karimoku Group

独自のマーケティング、安定した資材供給、卓越した生産技術力と一貫した品質管理体制、緊密なネットワークなど、グループ各社の専門力が融合して生み出されるカリモクの家具。
資材の調達から製造?販売までを一貫して自社グループ内で手がける独自の体制は?世界にも類を見ません。日本国内でのモノづくりにこだわり続けています。

  1. 製材
  2. 自然乾燥場
  3. 人工乾燥室
  4. 製造
  5. 検品

営業拠点

(国内) 営業所 : 27箇所
ショールーム : 26箇所
(海外) 現地法人 : 1箇所
企画管理会社 :1社
資材管理会社 :4社
家具製造会社 :4社
家具製造?卸会社 :1社
家具?インテリア雑貨販売会社 :1社
同房交换4p好爽_丝瓜视频app_av无毒无码亚洲国产